エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

人は、短所で愛される。

人は、短所で愛されるんだよ。本当に弱いところを見れたとき、お互いの愛が深まる。だから、好きな人の前で完璧じゃなくていい。弱くてもいいよ

 

ローラの言葉

 

これはローラの言葉(となっているが真偽のほどは不明)である。どうしても欠点を直そうとしてしまいがちだが、この言葉には救われる。

 

義務教育課程で完璧主義を涵養されてきてしまった人にとって、欠点は恥である。マイナスである。しかし、このマイナスをプラスにするどころか、ゼロにすることすら難しい。だったら、マイナスを許容してプラスを伸ばしていったほうが前向きだ。

 

マイナスばかりに目が行ってしまうのではなく、プラスの面にフォーカスする。多少燃費が悪い車でも、前に進むだけ良しとする。そういったマインドセットが必要なのかもしれない。

 

思考ってなかなか変わらないものである。過去30年近くの人生が考え方を硬直化させてしまう。それを打破するには時間が掛かるかもしれない。しかし、見えている世界は少しずつ変えることができるのである