エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

本は「投資」。買うか買わないか迷ったら買うべし。

私には自分ルールがあって、少しでも「読みたい」と思った本は買うことにしている。

 

図書館で借りられるかも?とか、本当に今の自分に必要な本なのか?といった気持ちがよぎっても、とにかく買う。図書館に行っても置いてあるかわからないし、「今の自分に必要かどうか」なんて、読んでみないとわからない。今は必要ないかもしれないけれど、将来必要になってくる可能性もある。

 

本は投資だ。そこをケチっても意味がない。1冊の本からちょっとでも学びがあれば、それは十分投資に値する。1冊1500円程度の投資で視野が広まるのであれば、私は躊躇せず買う。

 

本というものは、1冊の中に筆者のいいたいことが体系的にまとめられていて、とても理解しやすい。これはネットでは難しい。ネットは情報を小出しにしている感があって、体系的とは言い難い。

 

ちなみに最近では電子書籍もあるが、どうも私には合わない。得られる情報は同じなのに、なぜか頭に入ってこないのである。この理由は不明だが、紙の書籍はパラパラと読んで概要を掴みやすいからかもしれない(別に電子書籍派を批判しているわけではなく、あくまでも私は紙の本のほうが頭に入りやすいということである)。