エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

志あるところに道は開ける

「志あるところに道は開ける」

 

この言葉は大学の先輩から頂きました。もともとはキッザニアを創った住谷社長の言葉のようです。

 

すべての仕事には志があるものです。しかしながら、ついつい目の前のことに囚われてしまって志を忘れがち。私も志を忘れかけてしまいそうになりました。

 

そんな時、私には初心を思い出させてくださる先輩がいる。これは本当に有難いことです。

 

私の志は「Web記事の地位向上」というものです。これは2005年に個人ブログを始めて以来、ずっと掲げてきました。

 

しかしながら、こんなことがありました。あるメディア様から頂いた仕事です。送られてきた仕様書には、見出し、タイトル、本文それぞれ文字制限があり、かつ「○○というキーワードを最低○個入れてください」という要求が書かれていました。結局私はその仕事を断ったのですが、SEOだけを狙った記事というのは私の志に反するものでした。事実、そういった類の記事は、誰をも幸せにしていません。

 

その後、そのメディアは凋落していったのですが、志に従えばちゃんと目の前に道があり違わず導いてくれるのだということを教えてくれました。

 

もちろん自分の能力不足というものがあり、まだまだ良い仕事ができていません。しかしながら、これからも志を忘れないようにしたいです。少しでもWeb界のお役に立てれば幸いです。