エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

ゾーンに入ってしまえば、不安も無くなる

不安になるのは、暇だから。これは間違いない。何かに熱中しているうちは、無駄な悩みなど湧いてこないのである。

 

私の現在の仕事状況は、1日3本の記事執筆と情報収集、そして取材である。これで一日が終わってしまう。なので、悩んでいる暇などない。特に記事執筆時はゾーンに入っているので、余計なことは考えない。ただ、記事のクオリティのみを考えているのだ。

 

肝心なのは、ゾーンの入り方である。私は文章を書くことでしかゾーンに入ることができない。ゾーンに入るから書き進められるのではなく、書き進めているうちにゾーンに入っているのである。だから、どんなにやる気がなくても机の前に座ってパソコンを立ち上げ、書き進める。文章が書き進められなくても、書き進める。これしかない。

 

文章を書き上げたら、その文章はいったん寝かせておく。そしてこの個人ブログを書く。ある程度時間が経ったら、先ほど寝かせた文章に戻り、ふたたび書き進める。これの繰り返しだ。

 

休憩はもちろん取る。できれば5分程度外に出るのが良い。外に出て空気を吸い、日光を浴びる。これだけでも脳は復活する。あとは甘い食べ物を食べる。私はデスクに飴を常に置き、いつも舐めながら仕事をしている。

 

コワーキングスペースも借りてはいるが、私の場合は6時間が限界。それ以上は無駄な時間になる。よってコワーキングスペースで6時間が経過したら、強制的に退出する。その後は家に帰ったり、スタバで仕事の続きをしたりしている。

 

***

 

最近よくやるのは、寝る前に記事の構成を考えておくというもの。そうすれば、次の日すぐに執筆に取り掛かれる。これは非常に有益なので、ぜひおすすめしたい。