エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

卒論のテーマは「坂本龍馬と組織論」でした

私は経営学科出身だったので、卒論のテーマは組織論を扱いました。ただの組織論じゃあ面白くないということで、幕末の志士・坂本龍馬を据えて組織を論じました。実家の机の引き出しの中のUSBメモリにデータが入っているような気がします。今度帰省した時に探してみようと思いました。

 

特に学部で賞を取ったわけではないんですが、卒論を書くのが楽しくて仕方がなかったです。なんせ、自分の好きな幕末がテーマですからね。アンケート調査もいらないので、すぐに書き上げました。たぶん一週間ぐらいで書いたんじゃないでしょうか。9月頃には草案ができていたので、さほど焦らず提出できました。

 

果たして「論文」になっていたかは謎です。そのあたり、龍馬ファンの寛容な教授のおかげで、一発で選考を通過しました。感謝です。

 

ということで、大学卒業から10年が経ち、再び龍馬の"卒論"を書いてみようと思います、大学時代はテキトーでしたが、今度は本気。じっくり時間をかけて書いてみたいです。

 

常に学び続けることは大切です。単に資格の勉強や知識の習得ではなく、マインドセットを変えられるような、そんな"学び"が出来ればと思っております。