エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

毎年恒例だった「新入社員のタイプ」、発表やめるってよ

公益財団法人・日本生産性本部が毎年発表していた「新入社員意識調査・特徴とタイプ」が、今年(平成30年)は発表しないことがわかりました。

 

新入社員の特徴とタイプ(過去一覧)

 

毎年発表していましたね。平成16年~平成29年までの一覧はこちら。

平成29年度(2017年) 新入社員のタイプは「キャラクター捕獲ゲーム型」
平成28年度(2016年) 新入社員のタイプは「ドローン型」
平成27年度(2015年) 新入社員のタイプは「消せるボールペン型」
平成26年度(2014年) 新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」
平成25年度(2013年) 新入社員のタイプは「ロボット掃除機型」
平成24年度(2012年) 新入社員のタイプは「奇跡の一本松型
平成22年度(2011年) 新入社員のタイプは「ETC型」
平成21年度(2010年) 新入社員のタイプは「エコバッグ型」
平成20年度(2009年) 新入社員のタイプは「カーリング型」
平成19年度(2008年) 新入社員のタイプは「デイトレーダー型」
平成18年度(2007年) 新入社員のタイプは「ブログ型」
平成17年度(2006年) 新入社員のタイプは「発光ダイオード型」
平成16年度(2005年) 新入社員のタイプは「ネットオークション型」

なるほど、その年の世相を反映したものを命名していたんですね。

 

でも、流行語と同じで、これだけ日本人が多様化している今、果たしてこういった世相を反映する用語を発表する意味ってなんでしょう? これだけネット業界がニッチを狙って粉骨砕身しているのに…。

 

というか、新入社員のタイプを知ったところで、優秀な人は優秀ですしね…。これを日本生産性本部が発表していたのかと思うと…。

 

発表やめて正解。21世紀臨調のように、挙国一致型の下部組織を作ると良いのではないかと感じました。