エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

コーヒーを1日4~5杯飲む男性、死亡リスクが12%低下と判明?

コーヒー好きがコーヒーをたくさん飲むことを正当化するにはもってこいの言説はこちら。

www.news-postseven.com

 

研究調査の概要は以下の通り。

米国国立がん研究所のニール・フリードマン博士らは、50~71歳の40万2260人の成人男女(男性22万9119人、女性17万3141人)を1995年から2008年まで追跡調査し、コーヒーの摂取量と死亡率との関係を解析した。対象は、国立公衆衛生研究所の食事健康調査研究に登録した成人で、そのうちの9割がコーヒーを愛用していたという。

 

追跡期間中に男性3万3731人、女性1万8784人が死亡。博士は、対象者をコーヒーの摂取量で6グループに分けて効果を比較した。

その結果は以下の通り。

フリードマン博士によると、コーヒーを全く飲まない男性に比べ、コーヒーの摂取が1日当たり1杯未満の男性の死亡リスクは1%低下し、1杯の男性は6%、2~3杯の男性は10%、4~5杯の男性は12%、6杯以上の男性も10%低下することが分かったという。

「コーヒー摂取の増加による総死亡リスクの低下は、心臓病、脳卒中、呼吸器疾患、負傷や事故による死亡、糖尿病および感染病などの病気の死亡率低下によるところが大きい」とも書かれています。

 

ただ、WSJの記事によると、以下のような点を指摘しています。

同研究発表の執筆者らは、この関連性は「偶然を反映している可能性がある」と指摘している。

 「コーヒーが若さなどの泉と言うべきではない」と警告する。 

実際、この研究には多くの限界がある。

 その1つは、喫煙といった健康に影響を与える他の要因の影響が完全に取り除かれていなかった可能性があること。実際、こうした他の影響を何も取り除かない状態では、コーヒーを飲む人々は、喫煙などをしない人と比べると死亡リスクが高い傾向があった。

 ということで、コーヒーを4、5杯飲めば死亡リスクが低くなると考えるのは早計だということがわかります。

 

この研究について、ネット上を調べてみたところ、以下のようなコメントがありましたので引用します。

1日に4~5回コーヒータイムをとれる生活環境の方が重要なんじゃね?

これは的を得ていると思いました。会社によってはなかなか休憩を取れない環境のところもあります。実はコーヒーをゆっくり飲める環境が健康に良い影響を与えているのではないかという仮説でした。

 

私も1日に5杯コーヒーを飲むことがありますが、正直5杯飲むことはオススメしません。カフェインを摂取し過ぎるからなのか、頭がフラフラします(笑) この状態が死亡リスクを低下させるとは到底思えません。何事も適量が一番だということでしょう。

 

それにしても、NEWSポストセブンの記事は完全に煽りですね…。この記事の書き方だと、本当にコーヒーを飲めば死亡リスクが低下するように錯覚してしまいます。しかし、上にも書いたとおり、偶然の可能性もあるのです。

 

医療ネタはもっと丁寧に扱ってほしいですね。読者の健康が懸かっているのですから。コーヒーを飲みすぎて健康を害した時、果たしてネットメディアが責任を持ってくれるのか疑問です。WELQ問題ではないですが、安価なライターが大量に書いたSEO目的の質の悪い医療記事は本当にたちが悪い。同じWebメディア業界にいる身として、質の担保を図っていかなければならないと感じています。

 

このあたりは朽木誠一郎さんの本に詳しいので、ご興味のある方はぜひ読んでみてください。