エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

まだノマドで消耗してるの?

一時期ノマドってブームになりましたよね。私は某メディア出身ですのでノマド推進の立場から記事を書いていました。実際に喫茶店だけで仕事をしていた時もあります。当時の1日のスケジュールはこんな感じ。

9:00 直行

9:00~12:00 エクセルシオールノマド

12:00~13:00 昼食

13:00~16:00 スターバックスノマド

16:00~18:00 サンマルクノマド

18:00 直帰

確かに、ストレスは無かったですね。持病のアトピーも幾分改善していました。残業せずに家路につけるのも魅力です。

 

ただ、こんな働き方は続くはずもなく、1年後に会社勤務に戻されました。ノマドという働き方に疑問を持つ人が増えてきたからです。安藤美冬が多摩大の非常勤講師になったあたりから雲行きが怪しくなっていましたね。

 

前の会社も外での仕事禁止。在宅ワークはオッケーだったんですが、喫茶店などでのノマドはできない環境でした。セキュリティの問題などもあるのでしょうが、ノマドという働き方は、なかなか日本社会では受け入れられないのかもしれません。でも、オフィスとカフェと自宅という感じで働く場所を変えながら、自由に働けたらいいのにと思ってしまいます。そのほうが生産的だと思いますね。

 

ITの進歩によって、もっとテレワークが普及すると思っていたんですが、やはりオフィスに行かない=悪みたいな風土があるんでしょうか。このあたり日本的ですね。別に私は日本的な風土を否定しませんが。

 

もしノマド的な働き方に期待するのであれば、あと10年くらい待てば時代も許容するようになる気がします。例えば、「ゲームをすると脳が腐る」論から「スマホすると脳が腐る」論に変わったのが大体10年~12年です。「ノマドすると脳が腐る」論から「残業すると脳が腐る」論に変わるのは、ひょっとすると10年も掛からないかもしれません。会社で残業するなら外で仕事しろ!と上司から怒られるようになるのは目に見えているからです。もしそうなったら、喫茶店は特需を迎えますね。しかしその前にAIが導入されるかも…。