エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

激安の殿堂の「ドン」と「キホーテ」の間の点はピリオド!?

f:id:foxrays:20180405091216j:plain

 

 激安の殿堂「ドン・キホーテ」。社名の由来は、スペインの文豪、セルバンテスの名作「ドン・キホーテ」にちなんで名付けられたようです。既成の常識や権威に屈しないドン・キホーテのように、新しい流通業態を創造したいという願いを込めているとのこと(社名の由来は何ですか 回答内容   よくいただくご質問  株主・投資家情報)。

 

しかし、私はドンキの看板を見てあることに気付きました。そう、「ドン」と「キ」の間は「・(中黒)」ではなく「.(ピリオド)」になっているということを。上の画像のように、確かにピリオドになっていますね。

 

しかしながら、会社名はドン・キホーテと中黒になっています。

f:id:foxrays:20180405185516j:plain

ちなみに、株式会社ドン・キホーテは、持株会社「株式会社ドンキホーテホールディングス」の連結子会社。持株会社のほうは点が入らないみたいですね…。

 

日経新聞の記事審査部(校閲担当)のツイートでは「ドン・キホーテ(中黒)」にしています。

 

 

この疑問はドンキに聞いてみるしかない。ということで、ドン・キホーテグループお客様相談係にお問い合わせ。すると…。

 

(看板は)デザイン上「・」を下に配置

 

というわけで、ピリオドではなく中黒を下に配置しているだけなんですね。意味については確認できず…。もし今後ドン・キホーテに行く機会があれば、まずは看板をチェックしてみると面白いのではないでしょうか。

 

そして調査は続く…。