エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

調布と田園調布は離れているのに、なぜ「調布」という名前が付いたのか

もう10年も前の話になりますか、上京したての頃、調布と田園調布の違いがわかりませんでした。実際に地図とかを見るとわかりますが、結構離れていますね。土地勘ないと、調布に行こうとして間違って田園調布に行ってしまう…ということが起こりそう。

 

なぜこれほど離れているのに、調布と田園調布という似通った名前になったのか。少し調べてみることにしました。そして以下のような情報を見つけました。

1889年の段階では現調布市が「調布町」で、大田区の方が「調布村」だった。1928年に町に昇格するも、先輩の調布町に遠慮して「東調布町」を名乗った。4年後の1932年には東京市に組み込まれ、大森区(現大田区)田園調布となる。

地方民は意外と区別がつかない? 田園調布と調布は何がどう違うのか(全文表示) - コラム - Jタウンネット 東京都

 もともと調布町(現・調布市)、調布村(現・田園調布)という自治体があり、これら2つは無関係だったんですね。その後調布村のほうは東調布町となり、現在の田園調布となったというわけです。この調布の「調」は昔の税金で、租庸調の調です(昔習いましたね!)。布を税金として納めたので、調布となったんだとか。調は繊維製品の納品が基本だったので、布を納めていた地域が点在してもおかしくはないでしょう。

 

田園都市という名前は、1923年に現在の田園調布のあたりで田園都市会社が「田園都市多摩川台」として分譲を始めたことに由来します。1926年には調布駅(現・田園調布駅)が「田園調布駅」に改称し、地域名も田園調布となっていったとのことです(Wikipedia「田園調布」)。

 

というわけで、調布市と田園調布は無関係。もともとどちらも調布という地名だったので、偶然似通った自治体名称になったということがわかりました。

 

***

 

先日のブラタモリでも「田園調布」を扱っていました。田園調布の「田園」は「ガーデン(garden)」から来ているそうで、イギリスのガーデンシティから名付けられているそう。調布+ガーデンシティ(田園都市)で田園調布、ということです。

 

でもガーデンは「庭園」の意味じゃないの?と疑問に思ったので、さらに調べてみました。すると、とある論文に以下のような記述がありました。

「ガーデン」という語の意味について考えてみたい。garden を英英辞書で調べると,庭園という意味以外に,市民が自家消費用に野菜や果物を育てている農地や小規模の菜園,果樹園という意味が示されている。(中略)単語の意味からだけ考えれば,「ガーデン」はカントリーの一部を構成するものであるが,カントリーの全てがガーデンという言葉に含まれるわけではない。しかし,ハワードは自身の理念であるタウンとカントリーの結婚をガーデン・シティと名付けている。これは中心部のタウンと,カントリーでもタウンの住民が利用する部分,「ガーデン」を融合させることに主たる関心があったことを示しているといえる。

 

「都市住⺠を活かした農づくりと農を活かした都市づくり」筑波大学 システム情報系 准教授 村上 暁信

ガーデンには「農地や小規模の菜園、果樹園」という意味があったんですね。いろいろ調べてみましたが、田園都市と訳した最古の書物は明治40年の『田園都市内務省地方局有志)』 のようです(『「開発」の変容と地域文化(青弓社ライブラリー))』p63)。イギリスには田んぼがありませんが、内務省の官僚は民衆教化のためにあえてガーデンを「田園」と訳したのでしょうね。

 

なお、上の引用に、「タウンとカントリーの結婚」など、はじめて聞く言葉が出てきました。これについて、以下で補足します。

 

産業革命後のイギリスでは、労働者が都市に集中し、人と自然の分離が起きました。遠距離通勤や環境悪化などが社会問題となっていたのです。そこでイギリス人ハワード(田園都市を初めて提唱した人)が1898年に「To-morrow: A Peaceful Path to Real Reform」という著書において、ガーデンシティ論を展開。急激に人口が増加した「タウン」と、人口の流出が起きた「カントリー」の2つの問題を同時に解決するために、「タウンとカントリーの結婚」を提唱しました。ガーデンシティは中央部1000エーカー(1エーカーは約40アール)がタウンとして計画され、それを取り巻くようにカントリーが計画されました。タウンのまわりをカントリーが取り囲むことで、タウンの肥大化を防ぐとしています。

 

***

 

1918年に渋沢栄一らによって「田園都市株式会社」が設立され、1923年から分譲されたのが、今の田園調布です。その理念は後年の多摩田園都市東急田園都市線梶が谷駅中央林間駅間の沿線地域)にも引き継がれました。しかし毎日大混雑している田園都市線ユーザーの私にとっては、調布市のほうが人と自然が調和しているんじゃないの?と思ってしまいますが…。