エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

正午は「午前12時」なのか「午後0時」なのかわからなくなったので調べてみた件

記事を書く仕事をしていると、時々表記の仕方に迷うことがあります。例えば時刻の表記。正午は午前12時なのか午後0時なのか、どっちが正しいのかわからなくなりました。これまでは「とりあえず正午って書けば間違いないだろう」と思っていたのですが、正しい表記を知りたくなったので、少し調べてみることにしました。

 

まずは日本広報協会のサイト。ここに答えがありました。

時刻制度は、1872(明治5)年の旧暦11月9日に太政官達第337号として発令されました。これによると、午前は「零時」から「12時」まで、午後は「1時」から「12時」までとする12時間制になっています。

よって、この達の通りに表記すると、昼の12時は「午前12時」、夜中の12時は「午前零時」または「午後12時」になります。また、達の中では「午後零時」という時間は存在しないことになります。

時刻の表記(広報Q&A):日本広報協会

 Wikipediaも調べてみましたが、上記のような表記法を日本式というそうです。 

正子と正午を除いて、例えば、午前2時は正子の2時間後、午後2時は正午の2時間後であることから、正子と正午も同様に、正午は午前12時(正子の12時間後)、正子は午後12時(正午の12時間後)であると考えると連続性がある。このような考え方を便宜上日本式とする。日本式では「12時≠0時」である。

太政官布告第337号の表はこの方式をとっており、国立天文台広報普及室や独立行政法人情報通信研究機構周波数標準課も同様のアナウンスをしている。

午前と午後 - Wikipedia

 

 ということで、日本式を採用するのであれば、正午は「午前12時」と表すようです。てっぺんは「午後12時」ですね。

 

しかし、午前12時ってあんまり聞きません。特に「午後12時」は昼の12時なのか夜の12時なのかわかりにくい。そこで天文台では独自のルールを定めているそう。

例えば、天文台では「零時」「12時」には午前、午後をつけないで「午後6時~零(0)時」「午前10時~12時」といった表記を勧めています。新聞社などでは、昼の12時ちょうどは「正午」、夜の12時ちょうどは「午前零時」とし、「正午」は「午後零時」としないと決めているところもあります。

時刻の表記(広報Q&A):日本広報協会

 あるいは、そもそも午前・午後を用いずに、24時間制を導入している場合もありますね。電車や飛行機などがそうです。誤解を招きたくない場合は、24時間制で書いたほうが良いかもしれません。

 

一方、英語表記で書くと、正午は「12:00 p.m.」となります(参考記事)。これ、一瞬見ただけだと正午なのかてっぺんなのかわかりませんよね。このように、深夜0時を「12:00 a.m.」、正午を「12:00 p.m.」と表記する方法を英米と言います。

 

英米式の表記を調べるには、Excelを使うのが早いです。Excelでは、午後0時30分を「12:30 PM」と表記します。英米では、正午の前なら必ず「a.m.」、正午の後なら必ず「p.m.」という明確な決まりがあるからです。

 

日本式では午前12時、英米式では午後12時…。文化の違いでしょうが、方式の違いによって表記が異なるというわけですね。さらに、日本では団体・組織ごとに独自ルールがあり、天文台では正午を「午後零時」とはしないようにしているということがわかりました。

 

午後0時というと、人によって0:00なのか12:00なのか受け取り方が変わってきます。そのため、文章にする際には、「正午」を使うのが無難です。もしくは24時間表記を使うのが良いでしょう。迷ったら「正午」か「12:00」。英米式か日本式かと考える前に、まずはこれだけを覚えておくと要らぬ誤解は避けられそうです。