エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

ブログは毎日書いたほうが良いのか?書きたい時に書けば良いのか?論

ブログは毎日書いたほうが良いのか、それとも書きたい時に書けば良いのか?この議論は昔からありました。10年前の私のブログにもこれに関する記事がありましたので、おそらくブログ草創期からの永遠のテーマなんでしょうね。

 

結論から言うと、私はブログは毎日書いたほうが良い派です。ブログを毎日書くと、常に自分から情報を取りに行く習慣がつきます。毎日必ず新聞・雑誌に目を通すようになりますし、本も読むようになるので、自然とインプット量が増えるのです。さらに本を読むことを通じ、異なった価値観を持つ人の考え方に触れることができます。それにより複眼的思考が身につきます。

 

書きたい時に書けば良いというスタンスでもインプット量は増やそうと思えば増やせるんですが、毎日書くという目標がないと、インプットに対するモチベーションが下がっていくんですよね。これは私自身の場合なのですが。「毎日書く」という目標があると、否が応でもインプットするようになります。

 

あとは、毎日ブログを書くと調子が良いんです。ブログを書くと、頭の中のモヤモヤが整理されてスッキリします。文字化することの自浄作用といいますか。極論を言えば、個人ブログはPVなんて関係無いんです。まったくの白紙状態に文字を一個一個置いていく作業を通じて、表現する喜びを感じることができます。

 

「継続は力」とはよく言ったもので、私は年々執筆スピードが上がっている気がします。これからもブログを通じてインプットとアウトプットを重ねていきたいと思います。