エデン日和

現役ライターが、普段書けない駄文を徹底的に公開するブログ

普通に整体にいったら「邪気」を払われたの巻

これは5年位まえの話です。ある頃から、首・肩に違和感を感じ始めました。単なる運動不足なのでしょうが、あまりにもカッチカチなので整体に行くことにしたんです。整体と言ってもさまざまで、「整骨院」「整体院」「カイロプラクティック」などの業態があります。保険が効いたり効かなかったりと、院によって違いがあるるのはご存知の通り。

 

例えば、「柔道整復師」という国家資格取得者による「接骨院」での施術は保険が適用されますが、整体院・カイロプラクティックといった院では保険が適用になりません。しかし、巷には「整骨院」がたくさんあるような気がしなくもないような……。

 

私は「整骨院」「整体院」「カイロプラクティック」すべてを経験しておりますが、整骨院だと治ったのかどうなのかイマイチわからない感じがしたので、「整体院」に行くことにしました。たまたま最寄り駅近くに整体院があったので、ちょっとその院に入ってみることにしたのです。

 

院の外見はごく普通の街の整体院という感じでした。受付での初診手続きを終え、治療室に行くと、そこには初老のおじさんが立っていました。

 

そのおじさんは私を見るや否や、「骨格が曲がっているね」と言いました。そして、ベッドにうつぶせになるように指示してきたのです。私が言われるままにベッドに寝ると、なんと「今から治療します」と言い、堅い金属の棒のようなもので首筋をゴロゴロするじゃありませんか! これほど身の危険を感じたことはありません。世の中って恐ろしいですね。

 

おじさんによれば、現代人はパソコンやスマホから電磁波を浴びて身体に「邪気」が溜まっている。そのため、金属の棒のようなもので邪気を払っているんだ、とのこと。私は怖くなったので「首筋だけでいいです」と言い、治療を止めてもらいました。

 

帰り際、おじさんは「ずいぶん邪気が払われた」と言っていましたが、非科学的なことを信じない私には馬の耳に念仏。治療費を払って、そそくさと院を出ました。もう二度とこの整体院には行くことはないでしょう。7000円も掛かったんですよ!

 

よくわからない院で時間を無駄にしてしまったので、今度は整形外科に行きました(はじめからここに行けば略)。整形外科ということもあり、保険が適用になるので安心ですね。医師に病状を伝え、首まわりの骨の様子を調べるべくX線撮影を受けることになりました。

 

撮影が終わり、着替えを済ませると、再び医師による診療が始まりました。医師が説明するレントゲン写真には、自分の首の骨が映っておりました。

 

医師は言います。

「通常であれば首の骨は前弯(曲がっている)はずが、あなたの首の場合はまっすぐになっていますね。」

 

これで数年来の首の凝りの原因がわかりました。もともと肩こりしやすい骨だったようです。医師はまた、「ただちに問題は起こらない」とも言ってくれました。

 

しかしながら、将来的に「椎間板ヘルニア」になる可能性がある骨格だということがわかりました。すでに、頚椎5番と6番の間が狭くなっており、ある程度の治療は必要だそうです。「椎間板ヘルニア」といえば織田裕二が有名。彼が主演の連続ドラマが、その病気によって撮影中断になり、苦肉の策として踊る大捜査線の再放送をしたという「事件」を覚えている人も多いでしょう。

 

ヘルニアは会議室ではなく自分のデスクで起きているということがわかった今、定期的に整形外科に通い、継続的に治療を受けようと思った次第です。そして、謎の医療機関には気をつけるよう、周囲に警鐘を鳴らしていきたいと心に誓いました。